So-net無料ブログ作成

緊張・あがり症に10年間で総額10万円使った。管理人が実際に試したこと [初めに]

緊張やあがり症を克服できた経緯をお話します。



今までそれほど意識しなかったのですが、



子供の頃は人の前や初対面の人と
話をする機会もすくなくあまり自覚していませんでした。


でも大人になるにつれて
いろいろな人と初対面で会ったり、人のの前で話をする機会が
出てくる(それほど多くないのですが)につれて
意識するようになりました。


それからというもの
考えただけでも、お腹が痛くなったり
その場で立っているだけで


緊張のあまり頭の中が
カーッっと熱くなり、プチパニックが起こり
震え?武者震いのような感じになって


上司から

お前大丈夫なんて言われることもよくありました。
その場にいる時間が長くなれば、ひどい時は顔色が真っ青になることもありました。


今では、初対面の人とも比較的スムーズにお話しできるようになったし、
大勢の前でも抵抗なく話すこともできるようになりました。




克服できた理由としては、いろいろ試したんです。
その時は、必死でしたからね。いろいろと10年の間に試した内容です。


具体的行動として

あがり症に関する情報を集めたことです


読んだのはこの本です。
あがり症の本
を買って読んだこと


・あがり症の改善の情報を購入したこと

・状況にもよりますが、これは内緒ですよ。

(人前で話しをする前に少量のお酒を飲んでみた)・・弱い人は飲まない方がいいです。

私はお酒を全く飲みませんが、かなりの少量だったので問題なかったですが
状況によります。


・前もって相手にちょっとあがり症なのでと先に伝えた


・あがり症の無料メール講座を受けた


あがり症の薬
を買って飲んでみた。



具体的思考として



・自分に言い聞かせた

・イメージトレーニングをした





これを読んでいる読者さんにはどれが一番向いているなんてことが
言えません。それは、個人やその状況によっても
症状も度合いも違ってくるからです。

私もいろいろ試したから克服できた
自信がついた?


のかもしれません。


参考になれば、幸いです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます