So-net無料ブログ作成
緊張・あがり症 ブログトップ

手の震え対策 初対面の人と話す  [緊張・あがり症]

初対面の人や目上の人、または上司・幹部の人と話すときに手が震えることがあります。

他には手や声の震え、緊張で顔が真っ赤になったり、挙動不審な感じになったり。最近の用語でいえば
テンパッテる。んですね。


ではどうすれば初対面の人と話す時に手がふるえなくなるのでしょうか?


それは、


コミュニケーションをとるってことです。

具体的に言うと相手と気持ち的近くなるってことです。

誰でも最初はお互いのことを知りません。
自分も知らないように相手もあなたのことを知りません。

どちらが先に話をするかは別として
まずあなた自身があなたのことをお話するんです。


仕事での初対面やプライベートでの初対面で使い分けが必要なのですが、

自分のことや仕事のことまたはその年代が好きそうな話題
などをちょっとだけ話します。


こんな感じで


私、○○なんですよ。
最近 テレビではよく○○の報道が多いですよね。
最近の○○は結構○○な感じですよね。時代の流れなのでしょうかね。



使い勝手のよい言葉として




○○な感じ

○○な雰囲気
○○的な

と初対面の人には断定的な言葉ではなく
当たり外れのない言葉(曖昧な言葉)で話します。

あっ言い忘れてましたが、具体的な仕事の話の時は別です。

こいつ適当やなあ

なんてイメージを与えてしまいますからね。注意しましょう



そして
適当に何個か話題を投げかけてみます。
そうするとどれかはヒットします。(話題が広がっていきます)


話題が広がるってことは、
相手が知っている情報や興味のある話なら
相手が自然と話しかけてくれます。

そうするとその会話に対して、返答します。
これを繰り返しているうちに、
震えも徐々におさまってきます。

一度チャレンジしてみてくださいね。






どうしてもできないって人は次の手段を考えなければいけません。
プロに教えてもらう
というのも一つの手段ですね。
ちなみにこのdvdには 
16個のコツを紹介しています。



テレビ朝日系コンテスト全国1位アナウンサーが教える!あがり症を克服し人前で強くなる!「話し方」パーフェクトDVD6枚セット



   

緊張からくる手の震え対策 深呼吸法 [緊張・あがり症]

あがり症対策に、深呼吸法を身につけましょう。

深呼吸は複式呼吸です。
おなかのあたりに両手をおいて、口を軽く閉じます、そして鼻から空気を吸い込みます。
するとお腹に空気が入ります。3回くらいゆっくりするといいでしょう。

吸った空気を吐く時に、ゆっくり悪いものが体の中から出ていく感じで吐くとリラックスもでき、震えも改善できるでしょう。



緊張・あがり症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます