So-net無料ブログ作成
手の震えの病気 ブログトップ

手の震えの病気 本態性振戦はどうしてなるの? [手の震えの病気]

手の震えは、病気の可能性もあります。
本態性振戦という病気です。

本態性振戦は、症状としては手が震える。のみです。
他の症状はでません。

本態性の意味は、医学的には原因不明ってことです。
まだまだ解明されていない病気がるんですね。

いつ頃からなるのかというと、成人してすぐ位に発症します。20歳前後位ですね。
その年代にならなければなる可能性は低くなります。
そして、歳をとって老人になるとこれまた手の震えになりやすいです。

老年性振戦といいます。




水素水ランキング

手が震える病気の種類 [手の震えの病気]

手が震える病気には種類があります。



1 心の病気では 社会性不安障害
2 食事をするとき 会食恐怖
3 箸やグラスを持つ、 物を手渡す時 視線恐怖の一種
4 人前で字を書くとき 書痙(しょけい)

これら4つの他にも本能性振戦という神経の病気もあります。
この病気は治療が必要になるかもしれません。

ちょっと気になる人は本能性振戦の言葉だけでも覚えておきましょう。
かなり気になる人は病院で一度見てもらった方がいいでしょう。
(例えそうじゃなくても、自分自身を安心させるためにも)



心療内科ではなく神経科で受診しましょう




あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

手の震えの病気 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます