So-net無料ブログ作成
手の震えの原因 ブログトップ

手の震えの原因とストレスの関係 [手の震えの原因]

手の震えの原因は、ストレスとどのような関係があるのでしょうか?


まずはストレスについて知る必要があります。

ストレスが溜まりすぎると体に異変が起こります。
食欲不振や頭痛・胃痛などなど



そして手の震えに関係あるのが自律神経失調症です。
あまりおおげさに伝えるのは嫌いですが、
手が震える原因には自律神経が関係あります。



ストレスが溜まる

自律神経のバランスが悪くなる

手が震える



このようになります。
では自律神経が原因とはどのようなことかと申しますと



自律神経は2つあって
聞いたことがある人もいると思いますが



交感神経






副交感神経



があります。


交感神経は、体を動かす時に働く神経で

副交感神経は、体を休めるときに働く神経です。
(余談・・・食事をすると副交感神経が働き眠くなることがあります)


ストレスが常に溜まった状態だと交感神経が常に働いていて
体が休まることがありません。
体が興奮した状態がずっとつづくということです。


体自体はずっと働いているので、やがて疲れてきます。
そして手の震えという症状として現れます。




この状態をそのままにしておくと自律神経失調症になる可能性もあります。


また自律神経の乱れの原因はバセドウ病という病気にも関与しています。


数日間様子を見て、
治まらないようであれば、かかり付けの病院で受診することをおすすめします。


(余談・・・バセドウ病だと採血検査ですぐにわかります)


pr

積水ハウスの値引き


生理的振戦 [手の震えの原因]

生理的振戦


震えの一つとして考えられます。

分かりやすく言うと、人間はもともと微妙に揺れることがあり
緊張した時や体が疲れている時などになる場合があります。

激しい運動をした時などは、筋肉が微妙に勝手に動いたりしますよね。
そんな感じです。

生理的振戦は病気ではありません。



(余談)
病気的振戦は
静時振戦と動作振戦の2種類です。

(余談終わり)


生理的振戦は他にもあてはまり、

寒い時に震える
興奮した時に手や足が震える


けいれんやてんかんも震えにの部類にはいるのですが、

医学的な振戦と解釈すると

けいれんやてんかんは別物としても考えられます。


ようするに、

けいれんやてんかんは病気の部類にはいるので
生理的振戦にあてはまりにくいということです。


コンブチャクレンズ 便秘

緊張 手の震えの原因 [手の震えの原因]

手の震えの原因は大きく分けて

4つあります。



1  生理的振戦

ふるえのうち一番多いものが生理的振戦(せいりてきしんせん)です。

極度の緊張
寒いとき
物をもった時細かく震える


生理的振戦を詳しく見る



2甲状腺機能亢進症 バセドウ病

のどの近くにある甲状腺が過剰に働いて
甲状腺ホルモンを作りすぎるために起きる病気です。

手先に細かいふるえがみられますが、

その他の主な症状として、発汗、頻脈(脈が速くなる状態)、
イライラ、軽度の眼球突出などがみられます。


3アルコール依存症


アルコールの常習飲酒の段階を通りこすと、

アルコールが切れて来たときにふるえがでてきます。

アルコール依存症の期間が長引いてくると

常に手がふるえるようになってしまいます


アルコール依存症 5日間禁酒トレーニング【鉄腕脱酒】



4本態性振戦 


中年以降に多いが、若い人にも発症します


手、頭、声がふるえます。

家族性振戦といい遺伝的なことも考えられます。

コップを持ったら震えます。

字を書くときなんかにも現れます。

食事の時、震えることがあります。

文字を書くとき、大きく乱れます


年をとると出てくるようです。
40歳以上では16人に一人はその可能性があるようです。
体が震えてどうしようもないなんてことはないようです。

特効薬のようなものはなく、長くお付き合いする気持ちで
対処する方がよいでしょうね。




ノニタスプラムという飲み物があります。ノニという果実とプラムのエキスが
入ったドリンクです。
これが本態性振戦の症状を和らげる効果があるようです。



ノニタスプラムの公式サイト



5パーキンソン病



筋肉の動きがうまく調節できなくなる病気です。


多くは手足がふるえたり(振戦)、
筋肉の動きがこわばったり(固縮)、
動きがにぶくなったり(無動)、


また押されたときや歩行時に倒れやすい(姿勢反応障害)といった症状がみられます。
はじめはこれらの症状が身体の片側に出現するのが特徴といえます。
.
パーキンソン病は、神経の病気の中では大変多く、人口10万人あたり100人くらいはいるようです。
常にゆっくりと症状が進むため、本人は気づいていない場合がありますが、
ひどくなると日常生活に様々な支障をきたすようになります
前もって予防することが大切です。




パーキンソン病ケアプログラム









手の震えの原因とストレスの関係





~PR広告~
http://www.clientcenteralliance.com/

手の震えの原因 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます